TOPICSお知らせ上映

MAUOC.jpg

☞学生作品上映(8/15、16のみ  各作品視聴のためのURLを掲示致します!)

●「水槽より」9分
監督:勝永伊紀
1019年度
(デジタルドラマⅠ/2年)

●「沸々、からん」9分 
監督:門田亜里砂
1019年度
(デジタルドラマⅡ/3年)

●「みえないもの」11分 
監督:飯島花衣
1019年度
(デジタルドラマⅡ/3年)

●「VirginityBlues」34分 
監督:瀧来夢
1019年度
(進級制作/3年)

●「透ける鹿 16分」
監督:染谷夏海
1019年度
(進級制作/3年)

●「早咲きの茜」 29分
監督:コウ ムロ
1019年度
(進級制作/3年)

●「リディキュラス、アイ」45分 
監督:菊沢天太
1019年度
(進級制作/3年)
*沖縄国際映画祭2020入選

●「ブレンダ」27分 
監督:石川 実穂
1019年度
(卒業制作/4年) 

●「人間の土地」20分 
監督:宮島花実
1019年度
(卒業制作/4年)

●「半透明の青写真を重ねて」45分 
監督:原島敏郎
1019年度
(卒業制作/4年)

●「夏日春風」62分 
監督:カン ショウウ
1019年度
(卒業制作/4年) 
*東京学生映画祭2020、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020入選

●「立入禁止」15分
監督:カク トウクン
1019年度
(修了制作/院2年)
*86358 short Film Festival 2020 入選

●「あの人以外の私たち」30分
監督:フウ リクヨウ
1019年度
(修了制作/院2年)
*モントリオール国際短編映画祭2020(カナダ)、CFK国際映画祭2020(イギリス)入選

●「冬のほつれまで」 67分
監督:多持 大輔
1019年度
(修了制作/院2年)
*PFFアワード2020、東京学生映画祭2020入選

13_lee.jpg


2020年度6月オープンキャンパス
2020 Open Campus(June)

映像学科・メディアアートゼミ
DEPT. OF IMAGING ARTS AND SCIENCES
担当教員:CHRISTOPHE CHARLES(クリストフ・シャルル)
「メディアアート」ゼミでは、美学的・哲学的な視点からの実験的なメディアアート制作を進めます。日本で展覧会やライブイベントなど、発表の場を数多く設け、海外の教育機関と共同で国際交流プロジェクトも展開しています。

今回の2020年度6月のオープンキャンパスでは、上映プログラムとパフォーマンスプログラムを両方用意しております。
それぞれのプログラムに学部4年生、大学院1年生と2年生が参加しています。

上映プログラム
https://youtu.be/qtuRZVRJCio
(13名、youtubeリンク・オンデマンド、約1時間)

パフォーマンスプログラム
https://youtu.be/NCvEthtB32U
(6名、6月13日・14日、午前11時~12時、youtubeライブストリーミング)


上映プログラム

1
1_murakami.jpg

村上 サラ(MURAKAMI SARA、ムラカミ サラ)

作品タイトル:「eat, breathe, blink」
制作年:2020

作品概要:歩いてるときふと足元を見ると、不思議なものが落ちていることが沢山ある。そんな面白い落し物に焦点を当てた作品です。
Work Description: When I walk, I always see a lot of strange things on the ground. This film focuses on these unique lost items.

-----------
2
2_yang.jpg

楊 璞頼馨 (YANG PULAIXIN、ヨウ ボクライシン)

作品タイトル:「◉・虫・青い布」2020
Work Title: ◉・insects・blue cloth,2020
制作年:2020

作品概要:個人的な環境の中で、生活は他人から注いだ視線の欠如の故、より現実味を帯びて見える。大いなる何かの前に、彼らはモチーフではなく、彼女の詩、メタファーのトリオである。
Work Description: In an individual environment, life becomes more real because of the lack of gaze from others. In front of something great, they are not motifs but her poems, a trio of metaphors.

-----------
3
3_chou.jpg

張 竣凱(CHOU SHUNGAI、チョウ シュンガイ)

作品タイトル: 私を見るか
Work Title: Can You See Me
制作年:2019

作品解説:もとはインタラクティブ映像装置の作品です、今日は映像の部分のみを上映します。映像はインタービュー映像と抽象的な映像というニつの部分を含んでいます。人と人との関係、及び人々の性格の特性を表現します。インタービューを通じて、他人の人生の経歴と性格の特性を傾聴しながら理解し、その中から感情的表現力が豊かな画面を取り出し、人の性格の特性を反映できる画面から核を抽出し、記号化される隠喩を通じて画面をよリいっそう抽象化させ、最後にレンズ映像として表現します。最初の映像はインタービュー映像です、その後はこのインタービューの上で抽象的な映像です。
Work Description: It is a work made with an interactive video device. Only the video part is shown here. The video includes two parts: the first part is the interview, the subsequent part are abstract videos made from the first interview part. The work describes the relationship between people and the characteristics of their personality. Through interviews, we can understand the history and the personality of others, extract emotional images from them, and extract the nucleus from images that reflect the characteristics of their personality. Images are made even more abstract through the metaphors, and finally expressed as "lens videos".

-----------
4
4_lyu.jpg

呂 可 (LYU KE、ロ カ)

作品タイトル :無題
Work Title: Untitled
制作年:2019

作品概要:鳥をテーマにし、手書き+スキャナーで制作した、幾つの短いアニメーション作品です。物語性の作品ではなく、アニメーションの動きの不思議さや、手書きの質感を表現するための試みです。
Work Description: This film is a compilation of several short animations, where I use bird as a motif, made with traditional ink on paper technique. The purpose of the animation is not to tell a story but to convey the magic of pouring life into the drawings, and also to express the texture of the medium.

-----------
5
5_li.jpg

李 宛鈺(LI WANYU、リ エンギョク)

作品タイトル :『ペルセポネの帰還』
Work Title: Persephone's Return
制作年:2019

作品概要:シングルマザー綾子は、娘が独立した現実を受け入れなく、子離れできなかった。娘のあらゆる行為から異常と感じて、今の娘は偽物だと思い始め、段々と気狂いになっていく......
Work Description: Single mother AYAKO can't stand that her child has grown up. She wants to keep her daughter with her. She starts to feel something wrong about her life and sees hallucinations. AYAKO gradually loses her mind...

作品解説:ペルセポネは大地と豊穣の女神デーメーテールの娘で、冥王ハーデースの妻だ。デーメーテールは娘が冥界に奪われたことに悲しくて、ハーデースと交渉した。毎年の1/3にペルセポネが冥界に過ごし、残りはデーメーテールのそばに過ごすと決めた。ペルセポネの帰還はペルセポネが母親の元に戻す時のことだ。
Work Commentary: Persephone is the daughter of Demeter, the goddess of earth and fertility, wife of Hades, the governor of the underworld. Demeter was sad that her daughter has been taken to the underworld, and negotiated with Hades to get her back. Persephone decides then to spend one-third of the year in the underworld, and the rest of the year with her mother. "The Return of Persephone" is a painting which describes the scene of Persephone coming back to her mother, painted by Frederic Leighton, in 1891.

-----------
6
6_ma.jpg

⾺ 銘涵(MA MINGHAN、バ メイカン)

作品タイトル:ワンルーム
Work Title: One Room
制作年:2020

作品概要:制御不能な天災に直面し、⼈間は不合理な思考の保護を求め始めた。
Work Title: In the face of uncontrollable natural disasters, human beings begin to seek the protection of irrational thinking.

-----------

7
7_yu.jpg

于 是達(YU SHIDA、ウ ゼタツ)

作品タイトル: Generative Adversarial Network test 01
制作年:2020

作品概要:敵対的生成ネットワーク技術による、AI自動生成抽象的動きを表現する実験作品。
Work Description: An experimental work that expresses AI automatically generated abstract motion using "Generative Adversarial Network".

-----------
8
8_ling.jpg

凌 芸丹(LING YIDAN、リン ゲイダン)

作品タイトル: 舞い込む・溶ける前に
Work Title: Before Melting
制作年:2020

作品概要:氷の上で踊っている光点を見ながら、抽象と具象のエッジに沿って泳ぎ、知らず知らずのうちに光の世界へ歩いていた。
Work Description: Watching the light spots dancing on the ice, wandering in the world of abstract and figurative boundaries, unconsciously falling into the light.


-----------
9
9_morishige.jpg

森重 光(MORISHIGE HIKARU、モリシゲ ヒカル)

作品タイトル: 鏡 Ⅱ(わたしの見る わたしを包む)
Work Title: Mirror II
制作年:2019

作品概要:モニターの正面に立った鑑賞者の全身の動きを深度センサとスケルタルトラッキングミドルウェアを使用しトラッキングし、モニター内の人物の3DCGモデルが鑑賞者と同じ動きをする。Unityにてすべてリアルタイムで処理・出力した。
Work Description: A depth sensor and Nuitrack (Skeletal Tracking Middleware) are used to track the movement of the whole body of the viewer standing in front of the monitor. The 3DCG model of the person in the monitor makes the same movement as the viewer. Processed and output in real time by Unity.

-----------
10
10_ding.jpg

丁 若恬(DING RUOTIAN、テイ ジャクテン)

作品タイトル:we are here
制作年:2019

作品概要:私はこの作品を通して、視覚と聴覚のコラボレーションについて研究しました。「音を絵にする」、すなわち「見える音」をアニメーションにします。まずは音楽を先に作り上げて、それから音楽を聴きながら、音楽の調律によって音の形と色と動きを連想してみます。また、日常生活によく触れる音と動物の声を加え、想像力を使い視覚と聴覚のコラボレーションを実験していきます。
Work Description: Through this work, I researched about the collaboration between the visual and the auditory. I am "drawing sounds", that is, I make an animation work with "visible sounds". I made the music first, and then while listening to the music, I have associated shapes, colors and movements of the sound, in relation to the tuning of the music. In addition, I added familiar daily life sounds and voices of animals, and use my imagination to realize a collaboration between sight and hearing.

-----------
11
11_yuan1.jpg

袁 鑠涵(YUAN SHUOHAN、エン シャクカン)

作品タイトル:内なる声
Work Title: Inner Voice
制作年:2019-2020
Link: https://www.youtube.com/watch?v=aLf6fdKY6rU&t=394s

作品概要:旅、石、そして街への思い、という三部構成になっています。カメラのファインダーを見ないで撮影することも含めて、生きる行為において自然なもの、写真と動画の関係性についての実験でもある。内側と外側、それらの関係、そして一年間の自分の記録でもある。
Work Description: The work is composed in three parts: travel, stones, and feelings for the city. It is also an experiment on the natural things in life, the relationship between photos and movies, including taking pictures without looking at the viewfinder of the camera. It's also about the inside and the outside and their relationship, and a year's record of myself.

11_yuan2.jpg
作品タイトル:ここから⾒る遠いところへ
Work Title: Far from Here
制作年:2020

作品概要:コロナの影響で、家に閉じ込め、そこから展開するお話である。
Work Description: It is a story of being locked in a house, which is developing under the influence of corona.

-----------
12
12_watanabe.jpg

渡辺 花(WATANABE HANA、ワタナベ ハナ)

作品タイトル:mei mei
制作年:2020年

作品概要:本作は、私が最近よく考えている心地よい視覚的キモ身体感覚を映像に詰め込んでみたいという試みである。
Work Description: This film is an attempt to cram into the video a pleasant visual creepy physical sensation, which I have been thinking about a lot lately.

-----------
13
13_lee.jpg


李 宰源(LEE JAE WON、イ・ジェウォン)

作品タイトル: 破壊的ナルシシズム
Work Title: Zerstörerischer Narzissmus
制作年:2019

作品概要:夢が叶うことを切望していた若き青年は絶望し、その時感じていた感情と共にメールボックスに自分の体の部分を1つずつ収集し始める。彼が過去から現在まで集めた感情のコレクションは一体どんな結末を向かうのであろうか。
Work Description: A young man, desperate to make his dream come true, despairs and begins to collect his body parts one by one in his mailbox, along with the emotions he felt at that time. What is the conclusion of the collection of emotions he has collected from the past to the present?


パフォーマンスプログラム

1

張 飛(ZHANG FEI、チョウ ヒ)

作品タイトル: 安全の為に外出を避けてください
Work Title: For Your Safety, Do Not Go Outside
尺(長さ):約 5 分

作品概要:緊急事態を体験して。
Work description: Experience the emergency.
-----------

2

袁 鑠涵(YUAN SHUOHAN、エン シャクカン)

作品タイトル: 彫刻行為
尺(長さ):約 10分

作品概要:Zoomカメラで写真というメディアを使って彫刻行為を行います。
Work Description: Sculpture performance using photography medium through the Zoom camera.

-----------

3

叶 子依(YE ZIYI、ヨウ シイ)

作品タイトル:非決定的
Work Title: Indeterminate
尺(長さ):約 10分

作品概要:即興の音遊びをする。同時に、2017年からの生活中に撮った数千枚の写真を速く流す。光と影の流れの中で、ご自由にスクリーンショットしてください。
Work Description: An improvisational sound performance, with a flowing view of thousands of random daily-life photos taken in the past three years. Please enjoy and take screenshots freely.

-----------

4

大石 菜月(OISHI NATSUKI、オオイシ ナツキ)

作品タイトル:生活の中で
Work Title: In your Life
尺(長さ):5-10 分

作品概要:家の台所に転がっていた空きビンが、不思議な音の出るものに変わりました。このような発見をすると、生活が少しだけ面白くなる気がします。
Work description: An empty bottle in the house kitchen has changed to a mysterious music instrument. I feel that this kind of discovery makes life a little more interesting.

-----------

5

LISA WOITE(ヴォイテ・リサ)
呂 可(LYU KE、ロ・カ)

作品タイトル:「私のものはあなたのものである」・言語、反復、愛についての熟考
Work Title: Whatʼs mine is yours" - contemplations on language, repetition and love"
尺(長さ):約6分

作品概要:エーコーというギリシャ神話の山のニンフは、彼女の機知に富んだ舌は呪われたので、話しかけられた最後の言葉だけを繰り返すことができるようになったという話である。この古代の神話を基づいて、このレクチャーパフォーマンスは言語とコミュニケーションにおける反復の影響を探ることである。(スクリーニング+ディスカッション)
Work Description: Echo, a mountain nymph, had her witty tongue cursed to only ever repeat the last words spoken to her. Starting from this ancient myth, this lecture performance explores effects of repetition in language and communication. (screening + discussion)

-----------

下水番長.png

原田季和さん(映像学科4年/監督・撮影担当)、大﨑一郎さん(2019年度デザイン情報学科卒業)、御厨優佑さん(視覚伝達デザイン学科4年)が「東京地下ラボby東京都下水道局~下水道の魅力を、クリエイティブの力で若者が再発見~」プロジェクトに参加し、プロジェクト内で制作した広報動画「水にアツいよ!下水番長」がグランプリを受賞しました。受賞作品は以下のサイトで公開されています。

●東京都公式動画チャンネル
https://tokyodouga.jp/SesisgyRK8U.html

●SINRA.NET
https://www.cinra.net/column/202003-tokyochikalab_kngsh

3年生の水口紋蔵くんが木村拓哉さんの新曲「ローリングストーン」のPVをディレクション!
3月31日まで、GYAOで撮影の様子が放映されています。
https://gyao.yahoo.co.jp/から以下検索ください。
木村さ~~ん! 特ば~~ん2!#3「木村拓哉の"新たなる"表情!?楽曲「ローリングストーン」のMV撮影現場に密着!」

15235527_1344102352267214_2018192936780263827_o.jpg

映像学科教授・黒坂圭太の個展が京都市でおこなわれます。
貴重な撮影素材・絵コンテ・イメージボードなども展示されますので、
お近くの方はこの機会にぜひ足をお運びください。

『Lumen Cinematheque Vol.008 黒坂圭太全仕事』

■場所
Lumen gallery

■会期
12月13日(火)〜18日(日)13:00〜20:00

■観覧料
料金
一般1プロ券 ¥1000 / 学生1プロ券 ¥900
一般3プロ券 ¥2500 / 学生3プロ券 ¥2200
一般フリー券 ¥4000 / 学生フリー券 ¥3500
※ギャラリートーク・作家対談は入場無料です。


詳しい情報はギャラリーのページをご覧ください。
http://www.lumen-gallery.com

shiberia_omote.jpg

卒業生作品・劇場公開のお知らせです。
10/8(土)より新宿K's cinemaにて映像学科卒業生・久保田桂子監督の『記憶の中のシベリア』が公開されます。(2作品一挙上映)
K's cinema ウェブサイト

シベリア抑留をテーマとしたドキュメンタリー作品が2作品一挙上映されますので、
この機会にぜひ足をお運びください。

『祖父の日記帳と私のビデオノート』(2013年)
   2014年 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル コンペティション部門大賞受賞
『海へ 朴さんの手紙』(2016年)
   2016年 あいち国際女性映画祭 長編部門グランプリ受賞

公開期間は10/8(土)〜10/21(金)ですので、お早めに!
詳しくは公式サイトをご覧ください。
公式ウェブサイト

sf7_2014.jpg

映画上映祭「2014 Student Films 7 in ODAIBA」に映像学科卒業生が出品します。

平成25年度映像学科卒業 武藤菜美「アネモネ」

---
日時:11/9(日)上映 10:30〜17:30  
場所:フジテレビ・マルチシアター(フジテレビ1階シアターモール内) 
※ゆりかもめ台場駅徒歩3分・りんかい線東京テレポート駅徒歩5分

入場無料・参加自由


---
フジテレビ  ×  佐藤忠男(映画評論家)× 映画制作専攻のある学校 の共同企画で毎年 多摩美術大学、東京工芸大学、日本大学、日本映画大学、早稲田大学、武蔵野美術大学 各校の卒業制作から推薦作が1本づつ出品され、鑑賞と講評のうちに、第一線で映画づくりをしている業界の先輩たちや他学の学生たちとも交流ができます。
本校からは武藤菜美監督の卒業制作「アネモネ」が参加し、他学含め秀作をまとめてみるいい機会でもあります。
昨年「美しい人」で参加した尾野慎太郎くんはこの場をきっかけに本広監督に引き立てられ、活躍の場を拡げました。
ぜひ足をお運びください。

【公式Facebookページ】https://www.facebook.com/pages/2014-Student-Films-7-In-Odaiba/358599834304469

icaf2014_back.jpeg

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(略称 ICAF)に映像学科卒業生が出品します。

平成25年度映像学科卒業 中島史音「Waltz」

平成25年度映像学科卒業 谷田部透湖「木の葉化石の夏」



【上映日程】いずれも入場無料


[本大会]

日時:2014年9月25日(木)・26日(金)・27日(土)・28日(日)
会場:国立新美術館(3F講堂+研修室)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

東京メトロ千代田線乃木坂駅青山霊園方面改札6出口(美術館直結)

http://www.nact.jp/


[地方大会]

札幌会場

日時:2014年11月3日(月・祝)

会場:新千歳空港国内線ターミナルビル(北海道千歳市美々)4F映画館
*新千歳空港国際アニメーション映画祭 2014 (10 月 31 日~11 月 3 日)内にて開催。
飛行機に搭乗するお客様だけでなく、一般のお客様もご覧頂けます。

金沢会場

日時:2014年11月 8日(土)・ 9日(日)・10日(月)・11日(火)・12日(水)・13日(木)・14日(金)

会場:金沢シネモンド

京都会場

日時:2014年11月28日(金)・29日(土)・30日(日)

会場:立誠シネマプロジェクト
*「京都メディアアート週間 2014」内にて開催。

名古屋会場

日時:2014年12月6日(土)

会場:愛知芸術文化センター


【公式サイト】

■公式サイト http://www.icaf.info/
■Facebook https://www.facebook.com/InterCollegeAnimationFestival
■twitter https://twitter.com/ICAF_info


【インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)とは?】
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル (ICAF)は、アニメーションを専門的に学ぶことの できる教育機関が推薦する学生作品を一同に集めた、日本で最初の学生のための本格的なアニメーション フェスティバルです。2002 年より始まった ICAF は 10 周年を超えて新たな挑戦をスタートしています。
女子美術大学、東京造形大学、東京工芸大学、東京藝術大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学を幹事校とし、 その各校でアニメーションを専門的に指導している教員が実行委員会を組織しています。本年はその幹事校 のうち女子美術大学が今大会の担当校を務めています。 そして全国各地の美術大学や専門学校から、昨年または今年度に学内で制作された優秀なアニメーションを、 指導教員により推薦していただき、毎年秋の東京本大会上映を皮切りに、各地方で作品上映会を行っています。 今年は全国から合計 21 校の参加が決定しており、東京、北海道、金沢、京都、名古屋の5カ所の開催が決定 しております。全会場、入場無料となっております。

01.jpg

映像学科三年生が運営・展示を行う学内展です。
映像表現コース・写真表現コースの全員が数ヶ月を費やして一つの制作に集中し、
映画、写真、アニメーション、インスタレーション等の各自の作品を展示・上映します。

展示名:武蔵野美術大学映像学科進級制作展2013
会期:2013年10月17日~19日
時間:10:00~18:00(最終日16:00迄)
会場:武蔵野美術大学12号館地下1階展示室/1階ビデオアトリエ・フォトアトリエ
URL:http://shinkyu2013.web.fc2.com/

134840753114913122431.jpeg

2009年映像学科卒業、木村承子監督による長編デビュー映画。

木村監督は映像学科卒業制作『普通の恋』で「PFFアワード2009」審査員特別賞を受賞し、
第21回PFFスカラシップを獲得。
本作『恋に至る病』で第62回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品を果たし、
第36回香港国際映画祭では審査員特別賞に輝く。
今後の日本映画界を引っ張る若手映画監督としてその才能が注目されてる。

本作は古い日本家屋を舞台に、教師と女子高生と、その友人たちで繰り広げられる、
恋とセックスにまつわる切実でラブリーな物語を、ユニークな感性でユーモラスに描き出している。

『恋に至る病』は10月13日~ユーロスペースなど順次公開予定。

上映情報などは下記オフィシャルサイトよりご参照のこと。

http://koiniitaruyamai.com/