main01 main02 main03 main04 main05 main06 main07 main08 main09
main01 main02 main03 main04 main05 main06 main07 main08 main09

映像学科は1990年に創立した学科です。
しかしひと昔半前の創立時、「映像」を学科名に冠して新学科を創設した美術系大学は全国でも皆無、武蔵野美術大学が初出でした。

我が映像学科最大の特色は、映像のあらゆるジャンルを、総合的に学び体験することにあります。

静止映像としての写真表現 (ケミカルフォト・デジタルフォト・写真理論) 、動画映像として時空間を手の内にする映像表現 (ハイビジョンドラマ・フィルム映画・デジタル及びフィルムドキュメント・手作業からハイビジョンまでを含んだアニメーション・CG・メディアアート・サウンドアート・インタラクティブアート) などを3学年終了時までに総合的に学ぶことが可能です。

映像学科すべてのジャンルが相互に共鳴しあい、融合して影響しあいます。
卒業後実社会にあって、映像の関与するどのような専門分野に進もうとも、他の映像ジャンルの知識の総体と表現技術を併せ持つことが不可欠と云えるほどに重要なことです。

15235527_1344102352267214_2018192936780263827_o.jpg

【展示のお知らせ】Lumen Cinematheque Vol.008 黒坂圭太全仕事

映像学科教授・黒坂圭太の個展が京都市でおこなわれます。 貴重な撮影素材・絵コンテ・イメージボードなども展示されますので、 お近くの方はこの機会にぜひ足をお運びください。 『Lumen Cinematheque Vol.008 黒坂圭太全仕事』 ■場所 Lumen gallery ■会期 12月13日...

続きを読む

2016.12. 1

glbpo.jpg

【国際交流企画】Global-Local: Body - Place - Object

下記の通り学外での展示・イベントが開かれますので、みなさまぜひご参加ください。 ■Global-Local: Body - Place - Object (グローバル・ロカール:身体・場所・物体) 武蔵野美術大学とロイヤルメルボルン工科大学の共同プロジェクトです。 フィリップ・サマーティス(RMIT...

続きを読む

2016.11.28

murayama-lecture-new.jpg

【課外講座】どうしてインプロヴィゼーションでなければいけないのか?

下記のとおり課外講座+ワークショップをひらきます。みなさまぜひ足をお運びください。 講義名:「どうしてインプロヴィゼーションでなければいけないのか?」 特別講師:村山政二朗 2016年12月1日(木)、12号館103教室 ビデオアトリエ musashino art university dept. ...

続きを読む

2016.11.28

samartzis-lecture-iceberg-blue_3.jpg

【課外講座】Mapping the Sound Ecology of Antarctica 南極のサウンド・エコロジーの図形化

下記の通り課外講座を開催します。みなさまぜひ足をお運びください。 講義名:『Mapping the Sound Ecology of Antarctica 南極のサウンド・エコロジーの図形化 』 特別講師:フィリップ・サマーティス (Philip Samartzis ) オーストラリア国籍のフィリッ...

続きを読む

2016.11.28

ra16_main.jpg

JOSHUTEN 武蔵野美術大学助手研究発表2016

"助手"は、研究室所属のスタッフとして、授業運営はじめ様々な学務を担っています。教員や学生と密接にかかわりあいながら両者をつなぐ、いわば研究室の要です。同時に、彼らは一人の作家、研究者としての顔を持ち、日々制作や研究に取り組んでいます。本展では、助手49名の研究成果を一堂に展観いたします。映像学科研...

続きを読む

2016.11.26

課外講座のお知らせ

以下の通り、本学学生向けに映像学科主催の課外講座を開催します。 「創造性とは? 〜ドラマ・写真〜」 【日時】11/24(木) 16:30開始 【場所】12-201(第21講) 【講師】林 勝彦氏(映像学科2年「ディレクター演習」講師、科学ジャーナリスト)     岡崎 栄氏(演出家、脚本家、元NHK...

続きを読む

2016.11.24

楽しい学校生活.jpg

映像学科4年生の作品がISCAにて受賞されました。

映像学科4年の前畑侑紀さんが、INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD 2016の国内映像コンテンツ部門にて佳作を受賞されました。 →INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD 2016 →受賞作品 受賞作品 「楽しい学校生活」前畑侑...

続きを読む

2016.11.17

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007)

この映画は山々に囲まれた長閑な田舎町を舞台に、緊張感溢れる兄妹たちのひと夏の日々を描く。 両親の死をきっかけに帰郷した美貌の長女は我が儘放題でもって家庭内に君臨する。東京で女優として上手くいかないのは...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.10.22

shinkyu2016.jpg

2016年度 進級制作展

映像学科三年生が運営・展示を行う学内展示です。 映像表現コース・写真表現コースの全員が数ヶ月を費やして一つの制作に集中し、 映画、写真、アニメーション、インスタレーション等の各自の作品を展示・上映します。 『2016年度 進級制作展』 武蔵野美術大学映像学科3年生 会期:2016年10月20日(木)...

続きを読む

2016.10.14

Revolver/jonas odell

 このアニメーション作品には人間が繰り返してきた愚行を象徴するかのような行為が奇妙な造形のキャラクターたちによって繰り返し描か れている。耳触りの良くない音や時折グロテスクなモチーフなど、鑑賞者に不安...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.09.30

LA NUIT AMERICAINEーフレームの外側

この映画のタイトルである「アメリカの夜」とは、日本語で言えば「疑似夜景」、昼間に夜景を撮影する技法である。1973年にフランソワ・トリュフォーが監督したこの作品では、当時の映画撮影の舞台裏が見える。ス...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.09.23

shiberia_omote.jpg

卒業生作品『記憶の中のシベリア』劇場公開

卒業生作品・劇場公開のお知らせです。 10/8(土)より新宿K's cinemaにて映像学科卒業生・久保田桂子監督の『記憶の中のシベリア』が公開されます。(2作品一挙上映) K's cinema ウェブサイト シベリア抑留をテーマとしたドキュメンタリー作品が2作品一挙上映されますので、 この機会にぜ...

続きを読む

2016.09.15

『カレル・ゼマンと子どもたち』1980年 ドキュメンタリー チェコ

カレル・ゼマン(Karel Zeman)はチェコのアニメ、特撮監督です。人形アニメから切り紙アニメ、ミニチュア特撮など様々な技法を駆使した「魔法映画」作家の一人です。「魔法映画」とはジョルジュ・メリエ...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.09.10

2016_oc8_0.jpg

真夏のオープンキャンパス2016 〜 musabiNAVI 〜

今年も真夏のオープンキャンパスが催されます! 映像学科では下記スケジュールにてイベントを行いますので、皆様ぜひ足をお運びください! ■「真夏のオープンキャンパス2016 〜 musabiNAVI 〜」開催概要 8月20日(土)、8月21日(日)*両日10:00-16:00 *9:30開場 個別の進学...

続きを読む

2016.08.19

静物_1953_モランディ.jpg

静物(1953)/ジョルジュ・モランディ

外気が、まだどこか真冬のようにキンと冷たかった三月の終わり、東京ステーションギャラリーで開かれていた絵画展『ジョルジュ・モランディ 終わりなき変奏』に赴く。セクションⅤの最後の絵の前で、オレンジ色のパ...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.08.19

david ireland.jpg

Dumb Ball / David Ireland

Dumb Ballつまりは"バカな球体"。70年代から80年代を通してカルフォルニア州ベイエリアを中心に活動したコンセプチュアル・アーティスト、デビッド・アイルランドの作品です。 Dumb Ballは...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.08. 2

image3.jpg

映画『VILLAGE ON THE VILLAGE』公開のお知らせ

映画『VILLAGE ON THE VILLAGE』が、8月6日(土)から19日(金)まで、東京・新宿K's cinemaでレイトショー・初公開になります。 映画学科の卒業生が数多く関わっております。ぜひご覧下さい。 --- 映画『VILLAGE ON THE VILLAGE』 酩酊する不思議な町と...

続きを読む

2016.07.22

38th_PFF_TOKYO_WEB_mini.jpg

映像学科生が「PFFアワード2016」にて入選

卒業生・在学生が「PFFアワード2016」にて入選

続きを読む

2016.07.14

「わたしはロランス」(2012) / グザヴィエ・ドラン

カナダ・モントリオールで高校教師を務めるロランスは、小説家として活動しながら恋人フレッドと順風満帆に過ごしていた。ところがある日、ロランスはフレッドに「自分は女性として生きたい」と告げる。フレッドは困...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.06.27

カンバセイションピース_書影.jpg

カンバセイション・ピース(2003)/保坂和志

この小説は主人公である「私」が住む家を主軸に人や記憶、見ることと空間、それらの関係性によって話が進む。 ここでいう「進む」とは起承転結といったストーリーの展開ではなく、寝て、起きたら明日になっている(...

続きを読む

1 SHOT ESSAY2016.06.15