TOPICSお知らせ

ias_oc_web01.jpg

オープンキャンパス2016

2016年6月11日(土)・12日(日)

今年も2日間に渡り開催されました。
多数のご来場ありがとうございました。

8月20日・21日開催の「真夏のオープンキャンパス2016 〜musabiNAVI〜」も
ご来場お待ちしております。
(詳しくはこちらから)

4C7A6666.jpg

4C7A6650.jpg

4C7A6730.jpg

4C7A6631.jpg

4C7A6695.jpg

poster_B4.jpg

下記日程にて、オープンキャンパス2016が催されます。
ぜひご来場ください。


2016年 6月11日(土)・12日(日)
両日とも10:00−16:30

【映像学科関連イベント】

●展示
・写真作品展示
・イメージフェノメナンⅠ作品展示
・メディアアート展
・デジタルドラマⅠ 収録スタジオ公開
・映像基礎実習(映像前史)参考作品展示

●授業公開
・映像基礎Ⅲ(アニメーション)※6/11 10:00~12:10のみ
・CG&アニメーションⅡ ※6/11 10:00~12:10のみ

●相談会
・先生と話そう!※教員が入試、カリキュラムに関する質問や相談に応じます
・学生と話そう!※映像学科在学生が学生生活、授業について質問や相談に応じます
・ドラマ相談会 ※ドラマ担当の教授が、授業に関する質問や相談に応じます

●作品上映
・映像作品上映(ドラマ・映画)
・映像作品上映(アニメーション・3DCG)
・映像作品視聴コーナー

●イベント
・アニメーション制作公開ゼミ(4年+大学院)
・インターメディア・コンサート


イベント詳細については大学構内にて配布資料をご参照ください。
当日会場にて映像学科紹介パンフレットを配布いたします。

gunkanjima-yuji-saiga-1.jpg

フランス国立美術館にて映像学科講師 雜賀雄二先生の写真展が開催されます。

軍艦島をテーマとしており、フランス人写真家Jordy Meow氏との二人展です。
詳細は以下のリンク先をご参照ください。

"Japon TEXT ÎLE(S) : Gunkanjima, l'île fantôme"
Photographies de Jordy Meow & Yuji Saiga

会期|2016年6月1日(水)~2016年10月16日(日)
場所|Musée-mine(2 Avenue de Saint-Sernin, 81130 Cagnac-les-Mines / フランス)

展覧会詳細
雜賀雄二インフォメーション

web0609.jpg

以下の通り、映像学科主催の課外講座を行います。

「監督するとは?」
講師:是枝裕和(映画監督)、林勝彦(科学ジャーナリスト、映画「いのち」監督)
開講期日:平成28年度6月9日(木) 16時30分~
開講場所:1号館104講義室

講座内容:
「誰も知らない」、「歩いても 歩いても」、「そして父になる」など国際映画祭で数々の受賞歴をほこる是枝裕和監督と、元NHKプロデューサーで福島原発をテーマとした映画「いのち」監督および映像学科2年授業「ディレクター演習」でも特別講師としてお招きしている林勝彦監督の対談を通し、武蔵野美術大学の学生たちにクリエーターや監督にとって必要なことは何か語っていただきます。

ENE17_image.png

H26年度映像学科卒業生の石川耕大さんが、宮城・仙台アニメーショングランプリ2016の復興部門にてグランプリを受賞されました。
宮城・仙台アニメーショングランプリ2016
受賞作品

受賞作品
「東北東、十七の空」
石川耕大

hyoshi.jpg

武蔵野美術大学卒業・修了制作展を今年も開催いたします。
本展示は教育効果と制作意欲の向上を狙いとして始められました。
制作研究の集大成とも言える、卒業・修了制作の作品が一同に会して展示されます。
ぜひ、この機会にいらしてください。

日時|平成28年1月15日(金)〜18日(月) 9:00〜17:00
会場|武蔵野美術大学鷹の台キャンパス

武蔵野美術大学 卒業・修了制作特設サイト|
http://www.musabi.ac.jp/sotsusei/

*映像学科の上映作品タイムテーブルを以下に公開いたします。
 その他にも学内に展示作品がございます。

上映プログラムウェブ配布用-115.jpg

上映プログラムウェブ配布用116.jpg

上映プログラムウェブ配布用117.jpg

上映プログラムウェブ配布用118.jpg

ma3.jpg

映像学科3年授業「メディアアートⅢ」のライブイベントを行います。
どなたでもご覧いただけます。お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

日時:2015年12月9日(水) 16:30〜18:00
場所:武蔵野美術大学12号館1Fビデオアトリエ

【タイムスケジュール】
●16:30〜16:45 集団演奏「トトロゴスⅢ」
『TautologosⅢ』(1969年)はフランス人作曲家リュク・フェラーリ(Luc Ferrari)の「繰り返し」の曲です。楽器、オブジェ、身体による短いアクション「A」とその後のサイレンス(無音=「S)」を繰り返して演奏します:ASASASAS・・・
アクション「A」の内容と、サイレンス「S」の長さを、奏者自身が決めます。自身が決めたアクション「A」の内容を、他の奏者の演奏内容及び状況を意識して、次第に変えていきます。

●17:00〜18:00 個人パフォーマンス
霜田誠二(アーティスト、NIPA代表)監修

●18:00〜18:30 公開講評
JOU、霜田誠二、クリストフ・シャルル

group_inou_eye.jpg

H26年度映像学科卒業生のノガミカツキさんが第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門にて新人賞を受賞されました。
文化庁メディア芸術祭
エンターテインメント部門新人賞

受賞作品
group_inou 「EYE」
橋本麦/ノガミカツキ ミュージックビデオ(3分32秒)

tsutaya.jpg

映像学科卒業生の中江和仁さんが、TSUTAYA映像クリエイター発掘企画「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM2015」にてグランプリを受賞されました。
TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM2015

2015_監督するとは_web.gif

以下の通り、映像学科主催の課外講座を行います。

「監督するとは?」
講師:土井敏邦(フリージャーナリスト、映画監督)、林勝彦(科学ジャーナリスト、映画「いのち」監督)
開講期日:平成27年度12月7日(月) 16時30分~
開講場所:12号館201教室
企画:篠原規行(映像学科研究室 教授)
講義内容:
パレスチナ問題の報道現場で活躍し、また一方で数々のドキュメンタリー作品を手がける土井敏邦氏、NHKにて科学・環境・医療・原子力をテーマとし、教育現場で最も多く見られる番組の一つを制作してきた林勝彦氏、受賞歴豊富な両氏の対談を通し、映画監督やクリエーターに求められるものとは何か、映像表現の今後について語っていただきます。