大学院写真コース

大学院造形研究科デザイン専攻・写真コースでは、様々なメディアを横断しながら新しい時代を担う作家、研究者の育成を目指して、第一線で活躍する講師陣をお迎えして先端的な研究、発表を行っています。

2年次末に、修了制作展が開催されます。


指導体制
実技指導では、山崎 博教授、小林のりお教授、他特別講師。
講義理論指導では、山崎 博教授、小林のりお教授、大嶋 浩講師、
金子隆一講師、他特別講師。

山崎 博研究室 : 主にフィルム写真表現とその研究。
小林のりお研究室 : 主にデジタル写真表現、WEB写真表現とその研究。
個人研究室ウェブサイト

どちらかのゼミ (主査、副査) を選択し、それぞれの専門分野に応じた研究、制作を実践していただきます。合同講評会を年4回ほど実施しています。


大学院写真コース試験科目
ポートフォリオ提出 (2テーマ以上、プリントにて)
小論文試験
面接試験

詳しくはこちらをご覧下さい。


教授との個人面談
大学院写真コースでは、入試に関する相談を随時受け付けています。 専任教授が個人面談に応じています。お申し込みはこちらよりメールにて。(休校期間、入試期間を除く)