Musashino Art University



カリキュラム

武蔵野美術大学映像学科は、個性を尊重し、創造性溢れる、明るく自由な校風が特徴です。映像全般を俯瞰的に捉えながら、経験豊富な講師陣と実践的なカリキュラムの下で、未来のクリエイターを育てるべく、万全の教育体制を配しています。

1年次
写真、ビデオ、アニメーション、CG、メディアアートなど、その基礎となる映像技法全般を学びます。「写真1」では、ピンホールカメラを制作し、カメラの構造と写真メカニズムの基礎を学びます。またフォトグラム制作、フィルムカメラを使用しての暗室作業を体験します。さらに、デジタルカメラを使っての撮影、Photoshop を使ってのレタッチ、合成の基礎を学びます。他にも、アニメーション、ビデオなど、映像全般に渡って基礎的な実習が続きます。後期からは、絵画、彫刻といった他学科の専門科目も学びます。様々なジャンルを横断しながら、美術全般、映像全般の基礎を構築します。

2年次
写真、ドラマ、アニメーション、CG、メディアアートなど、映像領域の幅広い分野をさらに専門的に深く学ぶ学年となります。3年次に写真表現コースを希望する学生には、写真1 (モノクロ暗室実習・展覧会鑑賞など) と、カラー写真基礎 (カラー写真の現像・プリント・作品制作) 、デジタル写真基礎 (デジタルカメラ撮影実習・レタッチ・タイリング合成技法) といった選択授業が用意されています。

3年次 (写真表現コース)
1、2年次で習得した総合的な表現力を、選択した専門分野に応用し展開する学年です。写真表現コースでは、山崎博教授、小林のりお教授の個別指導を受けながら、企画から制作、展示までを全て学生たちで行う「進級制作展」が秋に開催されます。他、大版カメラ実習、スタジオ実習、デジタル写真実習、ゲスト写真家、評論家を招いてのレクチャー、講評会など、より高度な内容の授業が用意されています。

4年次 (写真表現コース)
専任教員ごとにゼミが開講されます。写真表現コースでは、山崎博ゼミと小林のりおゼミのどちらかを選択し、より高度なステージ上での専門的な制作、研究を行います。各ゼミでは、ゲスト写真家や評論家を招いての特別講義など、それぞれの専門領域における個性的な授業が行われています。

卒業制作
4年間の集大成として、専任教員による個別指導の下に作品制作を行ないます。 作品は卒業制作展で展示公開されます。

全体としては、銀塩フィルムから最新のデジタル写真まで、幅広いカリキュラムが用意されています。特にデジタル写真の分野では、いち早くカリキュラムを用意するなど、未来を見据えた先端的な教育を行ってきました。写真のみならず、映像の各ジャンルを自由に横断しながらマルチに活動できる...そんな柔軟性のある表現者の育成に力を注いでいます。近年は、卒業生、在校生の公募展入賞が相次いでおり、その活躍が注目されています。


写真設備
大暗室、フォトスタジオ、デジタルラボ、コンピュータ室、他。

就職
スタジオ、出版社、写真館、印刷会社、ウェブ制作会社
編集プロダクション、広告会社、写真作家、他。